Vague〔veig〕
日々徒然と、ぼんやりと。

Jun11 ナシゴレンとサテ風焼き鳥

昨日は歯医者の日でした。

かれこれ5~6年前に被せた歯が虫歯になってるようだったので、被せ直してもらうことに。
以前はうろのような虫歯で、そこに半分被せたのですが。
医者「虫歯のとこ削っていきますね、麻酔します」
私「ふぁい」
・・・・・・・・・・
がーりがーりごーりごーりちゅいーんちゅいーんががががががgggg
うっぎゃぁぁあああ!痛いイタイイタイよ(ノToT)ノ┫:・'.::・┻┻:・'.::・
「痛いとき挙手」の左手を挙げることさえ忘れるこの痛さ。めっちゃ神経に当たってます。
自分で作った虫歯なんだから自業自得ですが…
医者「はい、うがいしてくださいねー」
目の前にある鏡で見ると、茎の根元しか残ってませんでしたorzそりゃ痛いわ。
かぶせが出来るのは来週ということで、仮歯を被せてもらっておしまい。

そういえばかぶせるものって、長持ちする=保険適用外の素材なんですよね、興味半分で金額聞いてみますと。
医者「7万と8万がありますよ。これでも市内よりかなり安いんですが…」
私「……無理です。適用範囲でお願いします(--;」
医者「そうですねー。歯の治療用に貯金でもしておかないと出来ませんからねぇ。まぁ次回の治療を考えて参考までに覚えておいてくださいね」
私「ハイ」
と、いうことで保険適用範囲内のかぶせを作ってもらうことにしました。

みんな!歯は大事にしようね!(←お前が言うなっつーの
いやほんと、虫歯(の治療)はこりごりだ…

さて、昨夜のご飯。
ナシゴレンとサテ風焼き鳥
070611

■自分控えレシピ
・ナシゴレン:ナシゴレンの素使用。ご飯をいつもより硬めに炊く。
玉ねぎ人参ピーマンのみじん切り、鶏肉剥きエビ。
鶏肉を炒めて続いて野菜を炒める。エビを加える。
ナシゴレンの素とケチャップを加えて混ぜたら火を止める。
ご飯を加えて木杓子で広げながら具をなじませていく。
火をつけてぜんたいがパラっとするまで炒める。
味を見て豆板醤、レッドペッパー、岩塩などで調味する。
別のフライパンで目玉焼きを作る。

・サテ風焼き鳥:ナシゴレンの素がいつも残るので、それを下味に使用。
鶏胸肉を一口サイズに切り分ける。
ボウルにナシゴレンの素、酢、酒、カレー粉、スパイスと肉を混ぜ合わせて冷蔵庫にしばらく置いてなじませる。
フライパンで炒める。
串に刺してホイルをひいたトースター(グリル600w)に並べて5分、裏返して更に3~5分焼いたら出来上がり。

写真右端にちょっと移ってるのは焼き鳥用タレ。
スイートチリソースにごまドレッシングとレモン汁を合せてみました。
今回、タレつけなくても十分味がありますが、少し酸味が欲しいときはこちらで。

スポンサーサイト

Comment

虫歯はねー;
早く終わるといいですねー。
私もこの間、GWは寝れない日々が続きました;

あ、そうそう、キュウリ味のヘプシでましたよ。
3口目までは、なんだこれ!でした。。。
まぁ、一度でいいな、あれは。
2007.06.13 00:17 | URL | かな #- [edit]
とりあえずほかは治療の必要無いみたいなので、来週かぶせてもらったら開放されそうですヽ(T∀T)ノ

ペプシキューカンバー出ましたか!
やっぱ気になるなぁ…どうしようかなぁ…

2007.06.13 08:53 | URL | いおり #XmHeyEnw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ambrosia06.blog80.fc2.com/tb.php/192-fc528dc8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。