Vague〔veig〕
日々徒然と、ぼんやりと。

京都

先々週末に京都に行ってきました。
紅葉にはまだ早いのですが、人が多いとそれだけで疲れてしまうので早めに…(~_~;
まぁ目的は紅葉ではなく神社仏閣観光ですしね。

というわけで行った場所忘れないために、画像up!備忘録。

深夜2時半に起きて3時過ぎに車で出発。
ETC割引は深夜帯適用なので、ちょっと厳しい行程ですね(~_~;

最初に訪れたのは壬生寺。新撰組隊士のお墓などもある場所ですし、知ってる方もいるかな?
kyoto1004mibu
ちなみにお墓は有料でしたのでパス。外側から手を合わせただけです。

続いて東寺。
弘法大師空海のお寺です。
kyoto1004tohji1
庫裏にあったんだったかなぁ…火災で燃えちゃったらしい黒焦げの四神将がなんとなく印象的でした。

これは五重塔。
kyoto1004tohji2
角っこの真下辺りから見上げたアングルが好きですね。
組木の美しさとか…口あけてボーっと見てしまう。

続いて南禅寺に移動。
湯豆腐で有名な順正さんでお昼を頂きました。
湯豆腐はうまいですが、後はなんと言うか…まぁ普通っていう。

食後はワタクシの大好きな南禅寺を散策。
しかし以前行ったときよりかな~り観光客が多くてちょっと残念。

これは水路閣の柱部分。なんとなくローマとかの雰囲気しませんか?
kyoto1004suiro2

南禅院のお庭。ここが一番お気に入り。
kyoto1004nanzen2kyoto1004nanzen
人が少なくて時間があったら、ここでしばらくぼんやりしたかったなぁ…

鴨川べりを歩いてたら、道路工事の柵?がサルでした。
kyoto1004saru

この後は四条の六波羅蜜寺に行き、日本史の教科書だったか美術書だったかで妙に記憶にあった、空也上人像(口から6体の阿弥陀が現れている)も実物を見ました。
あと、運慶作の夢見地蔵はやはりきれいでした。

この辺で日が暮れそうになってきて、疲れも出てきたのでホテルへ移動。
郊外の住宅街にあるホテルを予約してたのですが、夕飯を食べようにも周辺にお店がないという事実が発覚…仕方なく近所のスーパーに併設のおうどんやさんで夕飯を頂きました(涙
でも露天風呂は気持ちよかったです。

さて翌朝、早くから出て鈴虫寺(華厳寺)へ。
ここは草履を履いた幸福地蔵様のお守りが人気のお寺です。
以前の願い事が叶ったので、お礼参りして、またお願い事をするべく新しいお守りを購入。
朝早いうちだったし、雨模様の天気だったので待ち時間がなくて済んでよかったです。
前回は結構待ったもんなぁ…(~_~;
旦那サマはそれでも多い人数にびっくりしてました。

さて、その後は高台寺に車を停めて、龍馬や多くの新撰組隊士のお墓にお参り。

そのまま清水寺へと向かう道すがら、京都サスペンス小説家の山村美紗さんの家を偶然発見。
表札が出てたから気付いたんですけどね。
引き戸の玄関の上がり框にはご本人(故人)の大きな写真がありました。
※戻ってから実家に行った際にこの話しをしたところ、その隣が西村京太郎さんの家だよと言われてびっくり(゚Д゚;)気付かなかった!

清水寺。いつ行っても人が多いですね、ここは。
kyoto1005kiyo
でも天気も悪いし、比較的空いてる方だと思いました。
これは子安の塔。
kyoto1005koyasu
こじんまりした三重の塔でかなり老朽化してますが、なんか雰囲気あって好きでした。

あ!あと以前は気付かなかったのですが、アテルイとモレの碑があってびっくり。
でも良く考えると清水寺って坂上田村麻呂ゆかりのお寺だし…おかしくはないのか…?
気になる人は高橋克彦の「炎立つ」を読むといいよ(はぁと)

続いて、ぐるりと回って戻って高台寺。
北の政所ねねが秀吉の菩提を弔うために建てたお寺です。

こちらは臥龍廊。なんかうまく撮れなかったわ…
kyoto1005kodaiji1
龍の背中のように見えるからこの名前がついたらしいです。
島田壮司の「龍臥亭事件」の舞台を連想させます。

高台寺の霊屋(ねねの墓所)の高台寺蒔絵は見事でしたが、ご本人が眠っている墓所なので、
写真は控えました…(-人-) 

お昼は高台寺系列店「秀吉」で湯葉ご飯を頂きました。
豆乳と湯葉をご飯の上にかけてあるんですが、これが今回の京都で一番美味しかったですb

さて、この後は時間もちょっと余ったので、大原まで足を伸ばしました。
車で来た時じゃないとなかなか行けませんから…
三千院は狭い山道にお土産物屋さんがびっしり軒を連ねています。
こういう感じは奈良の談山神社と似てますね。
おみくじ発祥の地だということで、それはぜひ引かねば!とばかりに意気込んでおみくじを引きました。


が出ました。
人生初凶がこんな霊験あらたかな場所で出るなんて…おいしすぎる

だってすごいですよ!

失せ物:出ない。水中にあるか。
待ち人:来ない。
病い:得る。十に8~9割で死ぬ。信心深ければ1~2割の確立で助かるかも。

十に8~9割で死ぬ。信心深ければ1~2割の確立で助かるかも。
十に8~9割で死ぬ。信心深ければ1~2割の確立で助かるかも。
十に8~9割で死ぬ。信心深ければ1~2割の確立で助かるかも。

・・・・・・そそくさとその辺の木に結び付けておきました。
怖いっちゅーの。

閑話休題。


神社仏閣何処行っても苔がこんな感じ。
kyoto1005sanzen1
横になったら気持ち良さそうですが、実際は全然ふかふかしてないんでしょうねぇ…苔だし。

最後に三千院のわらべ地蔵を…と思いましたが、曇天と日暮れが重なって全然採光量が足りず、こんな暗い画像しか取れませんでした…orz
kyoto1005sanzen2
明るいとき見たら下記のリンク先のような感じです。

ttp://www.ric.hi-ho.ne.jp/ue5288/hubutusi/warabe.html
(※リンクの一番最初に「h」を足してください。)

んで、最後の最後になって「やっぱりここまで来たんだし、寺田屋を外からでいいから見たい」とのたまい始めた旦那サマのご希望で市中へ戻り、寺田屋へ…真っ暗だし豪雨だし、道に迷うし、大変でした。

その後やっと帰路につく。
なんか寒くて疲れたしボーっとしちゃって、殆どの間ぐったり寝てました…。

スポンサーサイト

Comment

あああー!
南禅寺のそこの柱はいいよねi-80
そこら辺にしばらく立ってた覚えがあります…!?

おみくじは、わたしも正月から凶とか引いてましたがそれもかすむぐらいすごい凶だ。
木に結んだからだいじょーぶー♪…か?
2008.10.16 22:32 | URL | こはる #- [edit]
そうそう、いい雰囲気だよねー!
何処向いて撮っても絵になる感じ(撮影者の腕の問題はあるが)。

おみくじ「凶」は正直かなり強烈ダメージくらいました。
京都から帰ってから、原因不明のくしゃみ鼻水がずっと続いてるし…怖いよ~(^^;

2008.10.17 09:14 | URL | いおり #XmHeyEnw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ambrosia06.blog80.fc2.com/tb.php/383-d0631fbd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。